早稲田大学 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻 柴田 重信研究室
〒162-8480 新宿区 若松町 2-2 早稲田大学先端生命医科学センター 1階302号室
Email: shibatas@waseda.jp

Copy right(C) 2017 Shibata Laboratory All Rights Reserved.

 
​著書

​2016年度

青山晋也、柴田重信、時間栄養学、内分泌・糖尿病・代謝内科、第043巻、第6号、pp.514-517、2016年

柴田 重信、田原 優、「日内変動・生物リズム」、マウス表現型解析スタンダード、実験医学、羊土社、2016、289-294.

Aoyama, S. and Shibata, S., 「The Role of Circadian Rhythms in」

Muscular and Osseous Physiology and Their Regulation by Nutrition and Exercise, Frontiers in Neuroscience, Volume 11, Article 63, 2017

柴田重信 田原 優「日内変動・生物リズム 体内時計と表現型」マウス表現型解析スタンダード、実験医学別冊 、株式会社羊土社、 289-294 12月15日、2016年

髙橋将紀 柴田重信「時間栄養学―基礎研究から応用研究への可能性」週刊医学のあゆみ、 VOL.259 NO.10 医歯薬出版株式会社 、1072-1076 12月3日、2016年

柴田重信「4-4食事と時計」坪田一男監修「ブルーライトテキストブック」(総ページ数211ページ)、金原出版株式会社、132-138、6月20日、2016年

 

柴田重信、髙橋将記「高齢者における時間栄養学・時間運動学視点に基づく健康増進」高齢者用食品の開発と

市場動向  P31-37  シーエムシー出版 2019年

 

2019年度

柴田重信 第二章執筆「子どもの睡眠 概度ブック」、朝倉書店、2019年7月1日 初版第1刷

田原 優「体を整えるすごい時間割」、大和書房、2019年6月5日 第1刷発行

2018年度

 

2015年度

Tahara Y, Shibata S,Nutrition and diet as potent regulators of the liver clock. Circadian rhythms: Health and Disease,Wiley,in press

Tahara Y, Shibata S,Circadian rhythm and food/nutrition. Mechanisms of Circadian Systems in Animals and Their Clinical Relevance,Springer,2014,237-260

 

2013年度

田原優、柴田重信「第3章 時間栄養学」宮澤陽夫監修「食品機能性成分の吸収・代謝機構」(総ページ数229ページ)、㈱シーエムシー出版、28-36、5月1日、2013年

 

2012年度

柴田重信、「Ⅱ.時間治療法 6.体内時計の分子機構と時間栄養学」大戸茂弘編「時間薬理学による最新の治療戦略」(総ページ数351ページ)、㈱医薬ジャーナル、107-113、3月30日、2013年

柴田重信、「Ⅱ.時間治療法 5.時間栄養学」大戸茂弘編「時間薬理学による最新の治療戦略」、(総ページ数351ページ)、㈱医薬ジャーナル、96-106、3月30日、2013年

堀川和政、柴田重信、「サーカディアンシグナリング」、イラストで徹底理解するシグナル伝達キーワード事典、羊土社、93-94、8月15日、2012年

柴田重信、「概日リズムと代謝」、時間生物学、化学同人、91-102、2012年

 

2011年度

柴田重信、第12章「体内時計が栄養・食物摂取に及ぼす効果」、体内時計の科学と産業応用、CMC出版、2011

平尾彰子、柴田重信、第11章「食品の体内時計に対する効果」、体内時計の科学と産業応用、CMC出版、2011

 

2010年度

田原優、柴田重信、「概日リズム評価法」、27-35、実践行動薬理学(武田弘志、辻、稔、赤池昭紀)、金芳堂、2010年

 

2009年度

柴田重信、時計遺伝子と食餌リズム37-54、「時間栄養学」編著、香川靖雄、女子栄養大学出版部、2009年

 

2008年度

Shibata S, [Encyclopedia of Neuroscience ], Memory and Sleep, Springer publication, 2008年

柴田重信(分担)、時間生物学事典、朝倉書店、2008年.

 

〜2007年度

柴田重信、5.16 「生物時計」生物物理学ハンドブック、朝倉書店、2007年

柴田重信「女と男の体内時計」30-42、女と男の人間科学(山内兄人、編集)、コロナ社、2004年

柴田重信、生物学的反応 時間薬理学の体内時計、リウマチ病セミナー15(前田晃、小松原良雄、福田眞輔、吉川秀樹、志水正敏、塩沢俊一、村田紀和、佐伯行彦、西林保朗 編)、永井書店、2004.

柴田重信、時計遺伝子の分子生物学(岡村均、深田吉孝 編)、シュプリンガー社、139-146、2004.

柴田重信、脳のリズム、「ニューロシグナリングから知識工学への展開」 (吉岡亨、市川一寿、堀江秀典、編著) コロナ社 118-138,2002.

柴田重信、秋山正志、創薬の視点に立った生体リズム14-22、時間薬理学 (小川暢也編集)、朝倉書店、2001.

Shibata,S., Horikawa,K., Yokota,S., Fuji,K., Akiyama,M., Yoshinobu,Y., Wakamatsu,H., Moriya, T. Per gene expression and circdian entrainment by photic,non-photic and daily scheduled feeding, In, Zeitogebers, entrainment and masking of the circadian system, edited by Honma,K., Honma,S. Hokkaido Univ. Press,215-225,2001

柴田重信、浜田俊幸、時計機構の老化,生物学的精神医学,15、159-174,1997

柴田重信、守屋孝洋、「細胞内情報伝達」、生物時計の分子生物学、シュプリンガー・フェアラーク東京、178-188、1999

Shibata,S., Tominaga,K., Hamada,T., Tsuneyoshi,A., Watanabe,S., Role of 5-HT1A receptor mechanism in the circadian systems: assessed by wheel-running behavior, 2-deoxyglucose uptake and firing discharge in the rodent suprachiasmatic nuclei. In [New functional aspects of the suprachiasmatic nucleus of the hypothalamus], Johon Libbey Press, London,199-206,1993.

Shibata,S., Hamada,T., Watanabe,A., Ono,M. and Watanabe,S., Neurotransmitter interaction in the suprachiasmatic nucleus clock function. Evolution of circadian clock, Hokkaido Univ. Press,177-185,1994.

Oomura,Y., Shibata,S., Circadian rhythm of suprachiasmatic nucleus neurons and its effects on feeding. In [New functional aspects of the suprachiasmatic nucleus of the hypothalamus], Johon Libbey Press, London,181-192,1993.

Moore,RY., Shibata,S., Bernstein ME, jointly worked Developmental anatomy of the circadian system. In [Development of circadian rhythmicity and photoperiodism in mammals] Research in perinatal medicine(IX), Perinatology Press, 1-24,1990.

植木昭和、柴田重信、抗うつ薬「医薬品の開発8巻 薬物の作用機構」(佐藤公道 編)、広川書店、135-150、1989.

Shibata, S., Moore,RY., jointly worked Neurophysiological and neurochemical studies of rodent suprachiasmatic nucleus in vitro. Circadian clocks and ecology, Hokkaido Univ. press, 94-103,1989.

植木昭和、藤原道弘、山本経之、片岡泰文、柴田重信、岩崎克典、うつ病と脳内アミンーラットのmuricideについての研究「続 脳の生体警告 不安・不快機構」(高木博司、大村裕、伊藤正男 編)115-128,東京大学出版、1987.

Sugimori,M., Shibata,S., Oomura Y., jointly worked Electrphysiological bases for rhythmic activity in the suprachiasmatic nucleus of the rat: an in vitro study. Emotions, neuronal nad humoral control, ed, Japan Scientific Society press- S Karger press, 199-206,1986.

Shibata,S., Oomura,Y., jointly worked Observations of suprachiasmatic neuronal activity in relation to circadian clocks and zeitgebers, Hokkaido Univ. Press, 64-75,1985.

Oomura,Y., Shibata,S., Kita,H., jointly worked Circadian rhythm of suprachiasmatic nucleus neurons and its control to feeding centers in the rat hypothalamus. Toward Chronopharmacology, Pergamon Press, Oxford and New York, 61-70,1982.